ON+OFF ON+OFF

通勤特集

まずはご挨拶

皆さんこんにちは、カペルミュールの吉田です。
動画などでちょくちょく出ているのでご存知の方もいるかと思いますが、カペルミュールの店舗、オンラインショップのマネージャーをしています。在宅勤務が推奨される中、職種によってはなかなか難しいビジネスパーソンも沢山いると思います。かく言う僕も、業務柄どうしても出社しないといけない時があります。でも電車には乗りたくない!! なので、だいたい自転車で通勤しています。

通勤特集画像

通勤の服+仕事中の服

僕のお気に入りは、2020年の春夏コレクションで出た長袖/半袖。
出た当初からよく愛用しています。これなら職場で着替える必要もないし、汗をかいてもすぐ乾く。よくある綿シャツに比べてトロみのある柔らかい生地を使用しているので、着ていてまったくストレスがありません。ストレッチ性も備えているおかげで、自転車に乗る時も快適です。

通勤特集画像

汗をかく問題

暖かくなってくると出てくるのが汗問題。リュックなんて背負ったら背中がビッチャり・・・
なんて良くあることですよね。カペルミュールのボタンダウンシャツは、スポーツウェアで使われる汗吸汗速乾性のある 生地を使用しているので、これ1枚でも十分といえば十分。
でも、このシャツにインナーウェアをプラスするのをオススメします。理由は単純、すごく快適だから!!
インナーを1枚追加するだけで、シャツはより早く乾くし、肌にベタベタとまとわりつく事も無くなります。

通勤特集画像

ボトムスは?

カペルミュールには、シンプルでキレイ目なシルエットのカジュアルパンツが沢山ラインナップされています。 全て自転車に乗ることを想定して作られているので、伸びが良く、サドルに当たる部分は生地を2枚重ねにする 事で強度を高めています。

通勤特集画像

お尻の痛みと汗

カジュアルパンツには"パッド"が付いていません。そこで心配なのがお尻の痛み。
通勤だと10〜20km位走ることになりますが、僕の場合は距離に関わらずインナーパンツを必ず着用しています。
理由はトップスと同じ、【汗】。
トップスに比べると、パンツの生地はどうしても厚手になってしまい、肌に密着する分蒸れや汗の問題が。 そこで、吸汗速乾のメッシュ素材を使用したボクサータイプのインナーパンツをアンダー代わりに履けば、 それが解決できる訳です。無論、サイクル用のパッドが付いているのでお尻の痛みとも無縁!

通勤特集画像

気をつけていること

普段から僕が気をつけてるコトは"マスクをする"です。これは、1人で自転車に乗る時も常に意識しています。
ただ、普通の白いマスクだとちょっと寂しいので、カペルミュールのネックカバーを目から下を覆うようにして使っています。マスクではないのでフィルター機能などはありませんが、周りの人への配慮になればと思っています。
ちなみに、当社のスタッフはジョギングやウォーキングの時にも使ってるそうです。

通勤特集画像

快適に過ごすために

いつも何気なく選んでいた洋服に、"サイクルアパレル"という選択を加えてみてはいかがでしょうか?
スポーツサイクルで使用するウェアは、長い時間着用していてもストレス無く、練習や競技に集中できる工夫が随所に施されています。そのノウハウを日常使いできるファッションウェアに落とし込んだのがカペルミュールです。

これからの汗ばむ季節、少しでも日々を快適に、そして楽しく過ごすためのお手伝いができたら嬉しいです。

Copyright © 2020 WAVE ONE Inc. All Rights Reserved.